メニュー

蕁麻疹(じんましん)の治療

蕁麻疹(じんましん)の治療

 

蕁麻疹(じんましん)は、赤みを帯びて皮膚が盛り上がるいわゆる「みみず腫れ」の状態を呈します。瞼や唇が発作的に腫れ上がることもあります。湿疹とは違って、数時間から長くても24時間以内に自然に跡形なく消褪するのが特徴です。かゆみはある場合もない場合もあります。

原因

アレルギー性蕁麻疹

食物や薬剤などに対するアレルギーが原因で起こる蕁麻疹で、蕁麻疹が出る前に原因となる物質を摂取しているというエピソードがあります。疑わしい原因がいつくもあり、しぼれない時には必要に応じて血液検査やプリックテストを行います。尚、負荷テストは当院では行っておりません。

非アレルギー性蕁麻疹

寒冷や日光、発汗など因果関係がはっきりしているものもありますが、特発性と呼ばれる原因のはっきりしないものが圧倒的に多いです。特発性蕁麻疹はアレルギー性蕁麻疹と違って、症状が出現する時間は決まっておらず、昼夜を問わず出現します。時に甲状腺疾患などが隠れて影響していることがあり、必要に応じて血液検査を行います。

治療

治療は抗ヒスタミン薬の内服が中心となります。症状が1か月以上続くと「慢性蕁麻疹」となり、薬剤をゆっくりと減量していかなければならない場合が多くなります。症状が安定した後に薬を自己判断で突然中止すると再燃することがありますので、通院していただき経過を見ながら減量の判断をしていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME