メニュー

イボの治療

イボの治療

 

いわゆる通常のイボはウイルス感染が原因で発症します。皮膚の免疫が落ちている方がなりやすく、アトピー性皮膚炎、多汗症、その他に湿疹のある方は注意が必要です。

イボを伴う疾患

以下が、イボができる皮膚疾患の一例です。

手足のイボ(尋常性疣贅)

足の裏のものは”タコ”や”ウオノメ”と間違える方も多いのですが、パピローマウイルスによる感染症ですので、放っておくと拡がります。特にお子様では圧倒的にイボの事が多いです。凍結療法(液体窒素でイボの下に水ぶくれを作る方法)を中心に必要に応じて軟膏の外用も併用して治療します。

尋常性疣贅の治療は長期間を要することが多いです。稀に「いついつまでに治して」と言われる方がおられますが、治癒までの期間をコントロールすることは不可能です。また、小さいお子さんでは凍結療法を行う際に痛くて暴れるため押さえつけないといけないことがありますが、押さえつけることに嫌悪感を抱かれる保護者の方は当院では治療不可ですので受診はご遠慮ください。

老人性イボ(老人性疣贅)

加齢に伴って発症する良性の腫瘍で、高齢者に多く見られますが30歳頃から出現することもあります。色は、薄茶色から黒色まで様々で、顔や体、手など、手のひらや足の裏以外の全身のどこにでもできます。老人性イボ自体は無治療で問題ありませんが、中には老人性のイボとよく似た悪性の腫瘍が混ざっていることがありますので、気になるところがあれば自己判断せず是非受診してください。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによるウイルス感染症で、お子様に多くみられます。小さな結節をつくり、典型的なものは中央におへその様なくぼみが出来ます。多くは放っておくと増えるため、ご希望があれば専用のピンセットで一つずつ摘除します(痛みを伴うため、なるべく事前に局所麻酔のテープを貼るようにおすすめしています)。ただし、一度摘除しても再発することがあります。

※暴れる場合にはお断りすることがあります。

アクロコルドン・スキンタッグ(首のイボ)

首やわきに中高年期にできるイボは、主に線維腫と言われる皮膚の良性腫瘍です。放っておいても悪性変化はみられませんので治療は不要ですが、ご希望の場合には治療いたします(数が多い場合は自費とさせていただきます)。治療法は、主に小さなハサミによる切除を行い、必要に応じて液体窒素による凍結療法を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME